忍者ブログ

妖噺裏事情。

イラスト特化型SNS『pixiv』内企画『pixiv妖戦記』のまとめブログ。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『傾国の青 悪徳の花』(小話)

雪合戦、張り切って狼も駆り出そうとしたら予想外に衣装面倒臭え^q^
しかも激しく寒々しい見た目っていう。あぁ…orz
あとは色塗りが半分と台詞入れです。
ちくしょうがんばる。





悔しいので小話。
不適切な表現あるので注意。

『傾国の青 悪徳の花』





昔、昔のお話です。

東の果てに、水に富んだ美しい国がありました。
少年の心を持つ王様と、美しいお后様と、沢山の可憐な寵姫様が、色とりどりの綺麗なお城にすんでいました。

そんな中、不思議な小さな仔狼が混じっていました。
幼い、少女のような顔を持った青い少年です。
珍しく見目好いその仔狼を王様は大層気に入り、寵姫様と同じように、綺麗な着物や簪、花の名前を与えてやりました。

しかし、時が過ぎるのと一緒に珍しい寵姫様はどんどん増えていきます。
少年の心を持つ王様は、少年のそれと同じように古いものには興味をなくしていきます。
いつしか仔狼は家畜のように扱われ、揚句の果てに捨てられることになりました。


さぁ、ここにいるのは汚らわしい獣である!
その着物を、簪を、早々に脱がせ! 剥ぎ取れ!
人としてのその肌は引きはがして鞣してしまえ!
狼としてのその毛皮も剥いで我が外套としてくれよう!
そのような獣はもういらぬ! 犯し、嬲り、姦し、淫するがよい!
さぁ、この汚らわしき獣に壮麗たる刑罰を!


花の咲き誇る美しい庭に、王様の凛々しい大音声が響きます。
お后様は恍惚とし、寵姫様達は感涙し、民衆達も歓声をあげます。
その中心にぽつりと孤立したのは件の仔狼です。


『嗚呼、わらわの命運もここまでというのか』
『人間とはなんと勝手な生き物であろうか』
『なんと汚く気持ちの悪い--…!』

地 に 埋 も れ
微 塵 、 跡 形 も な く
滅 び 逝 く の が 似 合 い よ

東の果て、それはそれは栄えた国がありました。
けれど、それも過去のことで、水は涸れて瓦礫の山が砂に埋もれているだけです。
不思議な青い仔狼のその後はもうわかりません。

昔、昔のお話です。




********************

狼の派手好きはこのトラウマとコンプレックスの裏返しであり自分なりの解決策なんだと思う。

BGM
『汚れなき悪意』
『GOD DIVA』(ALI PROJECT)
『悪ノ娘』(VOCALOID/鏡音リン)
PR
Submit Comment
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[04/20 母]
[09/15 まやか]
[09/03 鶏]
[08/26 ぎんた]
[08/21 anubis]
HN:
清水こけし
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
お絵描き/文字書き/コスプレ/その他ヲタ活動全般。
忍者ブログ [PR]
Template by repe